ムクナ豆の安心で効果的な食べ方

 はたらくムクナ豆

大切なのはL-ドーパがきちんと残ったムクナ豆を選ぶこと

L-ドーパは大変壊れやすく、保管状況や加工の仕方により量が減ってしまいます。適切な加熱や焙煎処理をすることが大切です。

まず加工・調理時に気をつけたいこと

  • 煮豆を煮汁に長時間漬けておく。
  • 過度の焙煎をする。
  • 高温調理する。

これらはL-ドーパが減りやすいため十分に気をつけましょう。商品選びの際にも加工後のL-ドーパをしっかり計測したものが安心です。
ムクナ豆の調理

製品選びにも注意が必要

大阪河﨑リハビリテーション大学の河野良平先生のムクナ豆のL-ドーパ量に関する研究では、市販のムクナ豆製品のL-ドーパ量を高速液体クロマトグラフィー(HPLC)により定量したところ、以下のような結果が出ました。
L-ドーパ含有量 L-ドーパ計測の様子
本来のムクナ豆は重量当たり約4%のL-ドーパを含みます。加工品では粉末製品でL-ドーパが0.95~3.15%含まれたのに対し、ムクナ豆茶製品ではほとんどの製品で0.1%を下回ることが判明しました。これは焙煎加工時の熱によりL-ドーパが変性したことが原因と考えられます。このことからL-ドーパ摂取を目的とする場合には、加工後のL-ドーパをきちんと計測している製品を選ぶ等、製品選びに注意が必要です。
参考)第29回日本未病学会学術総会 【演題名】ムクナ豆(Mucuna pruriens)製品中に含まれるL-DOPA量の比較

吸収を高める食べ方

効率的にL-ドーパを体内に吸収するために、レモンなど柑橘系(酸性)のものとムクナ豆を一緒に摂ることもおすすめです。L-ドーパはビタミンCなどの酸性の液体に溶解しやすく、ビタミンCの持つ抗酸化作用がL-ドーパを防御してくれると考えられるためです。
参考)薬学教育第5巻(2021)薬学教育への栄養薬学の導入とその意義-提案に至った経緯と実施にあたっての課題北河修治(神戸薬科大学名誉教授)
吸収を高める食べ方

食べる際の注意点

1.生や半生の豆に注意

豆は通常、トリプシンインヒビターという成分を含んでいます。これは膵蔵から分泌されるたんぱく質分解酵素「トリプシン」の働きを妨げます。豆を生食すると消化不良を起こすのはこの成分があるためで、これを避けるために十分加熱することが大切です。

2.一度にムクナ豆を多食しない

L-ドーパを含むムクナ豆は多食することで眩暈や吐き気、幻覚、不随意運動などの中枢神経症状が出現する可能性があるため、気をつけましょう。

3.茹で汁も一度にたくさん飲まない

豆を茹でた際の茹で汁にもL-ドーパは多く含まれるので、有効活用したいですね。多飲は避け、少しずつ摂るようにしましょう。

4.ポリフェノール酸化酵素と同時に摂らない

バナナや山芋に含まれるポリフェノール酸化酵素が、ムクナ豆に含有されるLドーパの吸収を阻害すると言われています。 せっかくお摂りいただいたL-ドーパの吸収の妨げになってしまうため、バナナ等を食べる場合はムクナ豆を食べてから2時間程度経ってからにすることをおすすめします。
吸収を高める食べ方

基本の食べ方

豆は1日10粒、粉末の場合は1日に10gが目安です。これを1日3回に分けてお摂りください。個人によって適量は異なるため、基本量から始めて増減してください。

色々な料理に使える煮豆

よく洗い一晩水に浸水させたムクナ豆を圧力鍋で煮ます。15~20分加圧後、冷ますと、ほくほくの煮豆の出来上がりです。そのままでも滋味深く美味しくいただけます。
吸収を高める食べ方

手軽なムクナ豆粉末

きな粉のようで使いやすい粉末タイプもおすすめです。しっかり焙煎後に粉末にしたものを選びましょう。
吸収を高める食べ方

おすすめ記事

関連記事